京野菜フレンチが贈る、感動と驚きの時間
料理

お料理は名古屋では珍しい京野菜フレンチ。
京都の生産者から直接仕入れる旬の野菜は甘みが強く、口に含んだ瞬間、「フルーツのよう!」と驚かれるゲストの方も多くいらっしゃいます。
体にやさしく後味まで美味しいメニューは、幅広い年代の方々に好評。
シェフと一緒につくるオリジナルメニューもございますので、感謝の想いを託してください。

総料理長 齋藤博司

1986年より東京プリンスホテル、グランドプリンスホテル京都にて宴会調理を担当した後、グランドプリンスホテル京都内レストラン“ボーセジュール”にて、料理長に就任。
2008年より、RESTAURANT VITRA NAGOYAのシェフとして、フレンチをベースにしたVITRA スタイルの料理を提供している。

厨房を預かる齋藤シェフと一緒に、おふたりならではのオリジナルメニューをつくりあげていただくこともできます。
これまでに誕生したメニューの数は300種類以上。
お母様が漬けていらっしゃった梅干をドレッシングにしてご提供したり、お父様が獲ったしらすをご飯に合わせてお届けしたり…。
その一つに、結婚式場では珍しい持ち込み食材を使う事で、ご家族への感謝やおふたりからの温かいメッセージが込められています。
大切な方々へお伝えしたい想いを全力で形にしますので、どんなことでもご相談ください。

肉料理、マグロ料理

ページTOPへ